もう一つ

自らの"輝き"を探っている中でふと思い出したことがあって再び忘れないようにココに書き示す。

 

 

 小学1年くらいの時の夕方ころかな家族でテレビを見ていた。画面には九州だかそっち側のなんか映像が流れていて「行ってみたいなぁ」なんて話をしていて誰に何を言われたかは今となっては覚えていないのだが何故か一人行く気マンマンとなってしまった。

無論10年も生きていない子供一人どう考えても到達できる確率は0%。そして家族で飛行機なんぞに乗って旅行へ行けるような家庭でもない。でもその時は謎の全能感にあふれていたのか家を飛び出してしまった。財布に小銭、足は自転車なのにね。

飛び出したはいいけど九州の行き方どころか距離感もわからない。まず空港がどこにあるかもわからない。でも、いつもの町内をこえてひたすら走らせていた。しばらくして血液が一周したのか妙に冷静になって「コレ、絶対に行けないだろう」ってのがわかってくる。そうしているうちに母親に見つかってしまい怒られるのを覚悟したのだが

「どこまで行ってきたの?」とか「もう帰ろう」とかそのような言葉ばかりで不思議に思った。まぁ、叱るのは親父の係なのだろうか?とか疑問を持ちつつ帰宅。親父も姉も探しに行ったようで家には誰もいない。母親もまた外に出てしまうしで本当に一人になってしまった。

そうしているうちに親父が帰宅。説教の準備かと思ったが不思議な事に何も起こらず。むしろ

「帰ってきたのか」とかそんな普通の言葉を言われた気がする。

普段ささいなことでいきなりキレだしたりする親父だったので今考えると恐ろしいほど不思議な話なんだけど真相がつかめない。そしてあれから20年近くたった今その真相を知りたい自分が出てきた。次回実家に帰った時に聞いてみようと思う酒でも持って行って。

 

広告を非表示にする